理事長 ご挨拶

理事長 安齋眞一

謹啓 みなさまにおかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。  

この度、木村鉄宣前理事長の後を引き継ぎ、認定NPO法人皮膚病理発展推進機構の理事長に就任いたしました安齋眞一と申します。よろしくお願いいたします。  

本法人は、皮膚病理学及び皮膚病理診断学への認知度を高めるとともに皮膚病理の重要性を呼びかけることで、皮膚病理分野を総合的に発展させることを目的に2006年に設立され、2007年より実質的な活動を始めました。2010年には国税局より認定NPO法人として認可されています。  

今までの実際の活動の詳細は、本HP内の活動報告をご参照頂きたいと思いますが、皮膚病理学関連書籍の発行の補助、インターネット皮膚病理検討会の開催、皮膚病理倶楽部の運営、皮膚あるいは病理関係学会における学術的支援活動などを主に行ってきました。  

木村鉄宣前理事長の下、上述のような活動を通して当初の目的を達成すべく努力して参りました。今後さらに活動内容を充実すべくがんばっていきたいと考えております。  

今後これらの活動を充実していくためには、みなさまのご賛同を賜り、本法人の会員となっていただき、ご支援賜りたいと考えております。今回、会費を再検討してより正会員として御協力頂きやすくなりました。何卒、御協力のほどお願い申し上げます。

                                         謹白

                  認定NPO法人皮膚病理発展推進機構 理事長 安齋眞一

 

理事長 ご挨拶

理事長 木村鉄宣

謹啓 
みなさまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 このNPO法人は、皮膚病理学および皮膚病理診断学への認知度を高めるとともに皮膚病理の重要性を呼びかけることで、皮膚病理分野を総合的に発展させることを目的とし、設立されました。
 私どもは皮膚病理学および皮膚病理診断学の発展に寄与するため、セミナーを開催するなど皮膚病理を勉強する機会を作ること、また、国内外に住む皮膚病理を勉強したい医師に奨学金を支給し勉強の機会を与える、そして皮膚病理に関する本を出版するなど、皮膚病理の発展につながる様々な学術活動に取り組んで参ります。また、一般の方々への皮膚病理に対する知識を広めることも皮膚病理の発展には不可欠と考え、様々な啓蒙活動を通じてその重要性をみなさまに呼びかけて参ります。

 みなさまご存知のとおり現在の日本には皮膚病理の専門医制度はなく、皮膚病理に関する公的な研修制度もありません。これは、必要がないのではなく「あるべきものがない」状態です。現に、アメリカやヨーロッパではすでに皮膚病理の専門医制度は確立されており、多くの皮膚病理専門医が活躍しています。

 日本においても制度面を充実させるとともに、次世代の、皮膚病理診断学に関心を持つ医師を養成することも私たちの大事な役目と考えています。

 ぜひとも趣意にご賛同賜り、NPO法人 皮膚病理発展推進機構の会員として皮膚病理の発展にご協力くださいますようよろしくお願い申し上げます。

                                         謹白

NPO法人 皮膚病理発展推進機構  前 理事長 木村鉄宣

PageTop